コンテンツへスキップ
noritake_image1

凱旋する日本の技と美

明治・大正時代、アメリカでヨーロッパの高級陶磁器としのぎを削りつつ、
日本人の高い技術と感性で作り出してきた品質と美。
日本産の洋風陶磁器の先駆けとして海外でも高い評価を得て、
今や世界中のコレクターから愛されているオールドノリタケ。
当時の欧米の顧客のニーズをいち早く取り入れ、独創的な表現を拓いた
オールドノリタケは、現代の私たちの眼にも新鮮に映ります。
本展示会では、世界屈指のオールドノリタケコレクション、
竹内 友章 氏のコレクションを展示いたします。
竹内 友章 氏はニューヨークに本部がある、オールドノリタケの国際クラブ INCCで
日本人で初めて2年連続で会長を務めた、
所蔵点数2000点以上の世界的に有名なコレクターです。
多種多彩な意匠、技法、器種を網羅するコレクションから、
オールドノリタケの多様性をご覧いただけます。

オールドノリタケとは

名古屋を拠点とする株式会社ノリタケカンパニーリミテッドのルーツ、森村組および日本陶器によって、明治中期から第二次世界大戦期にかけて制作・販売・輸出された陶磁器を指します。アメリカを中心とする海外に輸出されましたが、ここ数十年前までは長らくその存在が忘れられていました。家庭にあった品々がオークションなどで市場に出始めると人々の眼に留まるようになり、1980年代初頭にはアメリカでコレクターの集まりが開かれるほどの人気を博すようになりました。日本では90年代以降、収集家の展示・普及活動を背景に再評価の機運が高まっています。

オールドノリタケ展開催概要

会 期

2022年7月13日(水)・7月14日(金)
10:00〜18:00(入場は閉場の30分前まで)※最終日は16時まで

専門スタッフによる、楽しく詳しい解説を順次行います

入場無料

会 場

長野市若里市民ホール2F
プロムナードギャラリー
〒380-0928 長野市若里3丁目22番2号

主 催

オールドノリタケ長野展事務局

後 援

信濃毎日新聞 / 長野放送

お問い合わせ

オールドノリタケ長野展事務局
〒381-0036 長野県長野市平林2-1-40
電話: 026-256-9706

過去のイベント

開催終了
オールドノリタケ甲府展

会期:2022年3月9日(水)〜3月11日(金)

オールドノリタケ甲府展ご来場ありがとうございました。
今回、楽しいイベントをご用意致しました。
ご来場をよろしくお願い申し上げます。
次回のオールドノリタケ展も会場でご案内させていただきます。