1. HOME
  2. お知らせ
  3. 金沢芸妓の舞 最新のスケジュールが公開されました。(提供 石川県)

NEWS

お知らせ

お知らせ

金沢芸妓の舞 最新のスケジュールが公開されました。(提供 石川県)

伝統文化が息づくまち、金沢には三つの茶屋街(ひがし、にし、主計町)があります。

そこでは、今もなお芸妓の磨き抜かれた芸が継承されています。

「金沢芸妓の舞」では、金沢芸妓による踊りや太鼓、お座敷遊びの特別講演を実施します。

国立工芸館の開館や、金沢城公園鼠多門・鼠多門橋の完成によって、

本多の森公園と長町武家屋敷跡を結ぶ「加賀百万石回遊ルート」(外部リンク)が全通しました。

金沢芸妓とは

加賀百万石の城下町として栄えた金沢には、江戸時代からの伝統が息づく「ひがし茶屋街」、「にし茶屋街」、「主計町茶屋街」の3つの茶屋街があります。今も古い町並みが残るその3つの茶屋街で、日々稽古を重ね、伝統を継承しているのが金沢芸妓であり、その磨き抜かれた伝統芸は国内外から高く評価されています。

 

 

開催日時(2020年11月~2021年3月までの期間中15回)

2020年

<11月>    20日(金)    25日(水)    27日(金)

<12月>     8日(火)     18日(金)    20日(日)

2021年

<1月>     14日(木)     17日(日)    27日(水)

<2月>     11日(木祝)   19日(金)    24日(水)

<3月>      2日(火)      10日(水)    18日(木)

会場

石川県立美術館ホール(200席)

住所:石川県金沢市出羽町2-1  HPはこちらから(外部リンク)

内容

金沢の三茶屋街(ひがし・にし・主計町)の芸妓による踊りや三味線、太鼓の披露、お座敷遊び体験など(約40分)

料金

個人1,000円、団体800円(15名以上)

ぜひ 冬の金沢を体感ください。

お問い合わせは

TEL076-237-0601まで。

 

 

 

 

最新記事